士業と呼ばれている国家資格の仕事

士業とはサムライ業とも呼ばれている、その分野において高度な専門知識を有している国家資格のことを言います。そのため、士業と呼ばれている業務が実際にあるわけではなく、弁護士や税理士、行政書士や司法書士など、職業名の最後に「士」と言う言葉がついている国家資格の総称であるとされています。
これらの仕事の最も魅力的なところが年収であり、一部の資格を除いてではありますが、全体的に年収が高いことが多いと言われています。社会的な地位も高く、弁護士を代表として税理士や公認会計士、司法書士などは年収が高い傾向にある職業であると言われています。その分資格を取得すること自体が困難であり、国家資格の中でも最難関とされている資格が多いことも特徴です。
ただし、士業の年収に関してはイメージと実際で異なっていることも多いため、先入観で物事を決めないことが重要であると言えます。

▼おすすめのサイト

人には教えたくない親鸞会です
引用元: http://xn--6oqq14l22m.com/
親鸞会とはどんな活動をしているのでしょうか。 「親鸞会は蓮如上人の遺産」(ロジャース教授)と言われる親鸞会のブログを 内容別に分類し、日々更新される親鸞会の情報を写真入りで いち早くお届けしています。
Facebookはじめませんか?
https://www.facebook.com/
買い物するなら楽天
http://www.rakuten.co.jp/

最新記事